2007年03月16日

贅沢な悩み、のようなもの

アメブロの本家ブログでは、詩のようなものを書いているあたしですが、時々困ってしまう事があります。
詩を書いている方には良くある事なのかもしれませんが。
あたしとしては、ブログにUPした時点でそれは「詩」であり「作品」なのです。そういうつもりで今までいました。
ところが、そうは見てくれない人が時々いるんですよね。
書かれているものは今のあたしの気持ち、現時点でのあたしに起こってる事だと思う人が結構いるようなんです。それで、コメントやメールなんかで心配してくれるんで申し訳ないというか…。
折角心配してくれてるのに、「いや、それは違うんだ」と「誤解なんだ」と一々訂正するのも悪いような気がして、当たり障りのないレスで済ませてしまう事が多々あります。

あたしが詩のようなものを書く、そのベース。
それは、誰かの書いた言葉からイメージを広げたり、過去の気持ちだったり、今ある感情を自分の中で増幅させて少し大げさに表現したり…。色んなきっかけがあって書いてる。
今、現時点でのあたしの気持ちを織り込んでる場合もかなりあるとは言え、全てがそうではない。

だから、心配されると困ってしまう。アドバイスされると困惑してしまう。それと同時に、とても申し訳ない気持ちになる。

「詩」として「作品」としてブログに書いてあるのだから、出来ればその全てを「創作」と捉えて欲しい。そうは思っても、それを強要は出来ないんですよね。しかも、ほんの少しでもあたし自身の気持ちが織り込んであるのだから、完全なる「創作」とも言えないし。
それに、あたしの「生の」「生きた」言葉だと思ってくれるからこそ、共感してコメントを書いてくれる人もいる訳だし。

時々ものすごくジレンマに陥る。
とてつもなく贅沢な悩みなのかもしれないけど。

posted by 華音 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。