2007年05月17日

ちょっと涙ぐんだ

「あたしは、あなたを好きになった事は、一度もない」
「僕もだ。君を好きになった事は、一度もない」

見詰め合う二人
言葉とは裏腹に、愛しい者を見つめる眼差し
絡み合う視線

+++++

なんかもう、泣きそうでした。
いや、脚本がいいなぁ…と。

今夜の「わたしたちの教科書」でした。

+++

追記:
脚本だけじゃなくて、演出もいいのかな。
posted by 華音 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | おもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

闇夜の儀式

怖いくらいの風の音に
植木鉢が倒れたりしてないかしら、と呟き外に出る


本当は植木鉢なんてどうでもよかった
ただ風に吹かれたかっただけ


外は轟々と闇が渦巻く
闇の中雨と風が全身を打ち付ける痛いほどに
闇に手を差し伸べる風を抱き締める


あたしだけの儀式
誰にも解らないあたしだけの神聖なる

posted by 華音 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。