2007年08月22日

留まる

私は通り過ぎたりしない
あなたたちの前に留まっている
彼女の傍から離れたりしない
貴方がそれを心の奥底で望んでいたとしても
posted by 華音 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

切れた繋がり

友達になりたいかどうかは別として。


あなたが嫌な人間でないことは知っている。
だが、この手を離したのはあなたの方だ。
あの時、永遠にあなたと私の絆は切れてしまった。
修復しようとしても無駄な話。
何故修復しようとした?
私はもう、あなたを切ってしまっていたのに。
後悔したのか?私から逃げたことを。
知っているよ。
あなたが、本当は…だということを。


そうだよ。
あなたは私を受け止める覚悟が無かった。
それだけのことだ。
posted by 華音 at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

言葉と、そして…

うん。言葉は大切だと思うよ。
よく「言葉なんて要らない」なんて言うけど、必要最低限の言葉はちゃんと言わなきゃ。言葉にしなきゃ伝わるものも伝わらない。今まで生きてきて、それを嫌というほど感じた。
でも、想いが伝わってると感じられる相手には。そういう人が相手なら。
うん。言葉なんて要らないかもね。
目を見るだけで、触れるだけで、相手の考えてることが解るなら。
それなら無言でいい。何も言わないで、そっと寄り添って、時にぎゅってして、温もりを感じていたい。
posted by 華音 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

離れる

キミには私は必要ない
わかっていたことだ
それでも見つめていたかった

しかし、最近のキミの行動は理解に苦しむ
攻撃的なのは今に始まったことではないけど
やりすぎはよくないよ

私は、私が攻撃された時よりも悲しい
君が変わってきていると言った人がいたが
私はそうは思わない
いや、変わってきてはいるが
いい方には変わってないように思える


もう私はキミを見つめることをやめようか


そうしてキミの周りには
キミを褒め称える人のみが残るのか
キミは本当にそれでいいのか
posted by 華音 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。