2007年05月17日

闇夜の儀式

怖いくらいの風の音に
植木鉢が倒れたりしてないかしら、と呟き外に出る


本当は植木鉢なんてどうでもよかった
ただ風に吹かれたかっただけ


外は轟々と闇が渦巻く
闇の中雨と風が全身を打ち付ける痛いほどに
闇に手を差し伸べる風を抱き締める


あたしだけの儀式
誰にも解らないあたしだけの神聖なる

posted by 華音 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。