2007年07月10日

アジア杯初戦引き分け

アジア杯グループB 対カタール

高原の放った先制点。ヒールでのボレーはものすごく良かった。成長した高原は素晴らしい。昔は「ボーっとしてる」ように見えた顔つきも「いい顔」になった。

しかし、「勝てる試合」だったのに引き分けとはどういうことか。オシムも怒っていたが、本当に不甲斐無いと思う。先制点を取ったことで気が緩んだのか。緊張が持続していないのがテレビを通しても伝わってきた。

で、オシムよ。
いつも思うが、羽生を投入するのが遅くないか?せめて後半最初から出して欲しい。「いい仕事」をしてくれるはずなのに、時間が足りないように感じてしょうがない。

posted by 華音 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。