2007年07月29日

アジア杯3位決定戦敗北

PKを止められた直後、泣き崩れる羽生。その姿が目に焼きついた。いや、心に焼きついたと言うべきか。そう、「ドーハの悲劇」のあのシーンのように忘れることはないだろう。
羽生、泣くんじゃないよ。負けたのは君だけのせいじゃない。PK戦に行くまでに勝利を手に出来なかったチーム全体の責任だ。


準決勝のサウジ戦、今回の韓国戦と、チームの悪い部分がかなり浮き彫りになったと思う。前への縦パスは出ない。サイドチェンジやバックパスばかり。しかも、パスミスが多い。形に拘りすぎて形が整うまでパスをまわして相手にも陣形を整える時間を与えてしまう。ボールを受けてからパスを出すまで時間が掛かりすぎる(オシムには「パスが各駅停車」と言われたらしいが)パスを受けてから周りを見るんじゃないんだよ。パスを受ける前に、他の選手がどこを走ってるのか見ておいて、パスを受けたらすぐに次のパス出さなきゃ。この癖、一時期少し良くなってたのになぁ。日本代表の昔からの悪い癖だよ。
そして…あれだけ攻めながら、決定打が打てない。打っても入らない。


これからオシムが、どこまでこの悪い部分を改善していけるのか。それが見ものだ。失望させないで欲しい。これからも夢を見せて欲しい。もっともっと貪欲に勝ちに行くチームを作って欲しい。


これからもずっと、応援している。
posted by 華音 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。