2007年08月06日

離れる

キミには私は必要ない
わかっていたことだ
それでも見つめていたかった

しかし、最近のキミの行動は理解に苦しむ
攻撃的なのは今に始まったことではないけど
やりすぎはよくないよ

私は、私が攻撃された時よりも悲しい
君が変わってきていると言った人がいたが
私はそうは思わない
いや、変わってきてはいるが
いい方には変わってないように思える


もう私はキミを見つめることをやめようか


そうしてキミの周りには
キミを褒め称える人のみが残るのか
キミは本当にそれでいいのか
posted by 華音 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。