2007年05月01日

小さいカゴたち

kago2.jpg

石畳編みで小さなカゴを編んでみました。
他のを編んだ残りの紙バンドで作ったわりには、まぁ、いい感じ?
大きさは、ポケットティッシュが入るくらいかな。

で、何故こんなに色々作ってるのかと言うと、今度近所のスーパーのフリマで売ってみようかと思ってるのだ。まぁ、売れるかどうかはわかんないけどね。
ということで、フリマの申し込みもした事だし。もっといっぱい作るぞー、と意気込んでみたり。
posted by 華音 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | えこくらふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水色バッグ

bagmizu1.jpg bagmizu2.jpg

本に載ってたのを少しアレンジして、自分が使いやすい大きさにしてみました。
まあまあかな。
大きさ変えた時に少し計算間違って、紙バンドの長さが足りずに途中継ぎ足したりしたけど、そこそこ満足行くものが出来て良かった。

にしても、最初に習ったのと違って、この「石畳編み」はかなり大変。紙バンドもかなりの長さ必要だし、指は痛くなるし時間は掛かるし。でも、こっちの編み方の方がかなり強度は出るからいいかも。

そして、どんどんエコクラフトに嵌るのであった。
posted by 華音 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | えこくらふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏らしいバッグ

bagsiro.jpg

エコクラフトで、無謀にもおっきなバッグ作りました。
かなり大きいです。ピクニックとかに最適かも。
てか、これだけに止まらず、この後ガンガン作ってます、はい。
posted by 華音 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | えこくらふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

15年

尾崎豊 メモリアルボックス forever OZAKI
新品未開封 販売企業設定価格 12,000



そうか。
「彼」がこの世からいなくなってもうそんなに経つのか。
復帰した時の『太陽の破片』が好きだったな。
勿論、それまでにも彼の曲で好きなものはいくつかあったんだけど。そして、その後に発表された曲にも良いものはあったんだけど。

「彼」は、まだ人々が自分を忘れない事をどう思っているのだろうか。
人々に愛され続ける事をどう思っているのだろうか。
喜んでる?
それとも…

posted by 華音 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

不変は不可能か

その人の書く文章が好きだった。
「好き」という表現は的確ではないかもしれないけど、とにかく、何故だか分からないけどその人の文章に惹き付けられて毎日のように通っては読んでいた。
感情をぶつける、書き殴ったような、泣きながら周りだけでなく自分さえも傷つけて血を流しているような、そんな文章。
悲しみや怒り、遣る瀬無さがこちらの心にも伝染するような、ともすればその感情の渦に巻き込まれてしまいそうな、痛みを目の前に突きつけられるような、文章。
好きだった。
「好き」という言葉では言い表せない程、好きだった。
こちらが嫉妬さえ覚える程に人を惹き付けて止まない、その人の文章が。

それなのに。
変わってしまった。
失速したかのような表現。落ち着いてしまったようにも見える、感情。
つまらなくなった訳ではない。
嫌いになった訳ではない。
そうではない。そうではないのだが、以前ほど惹き付けられない。
こう言ったらその人には失礼だろうが、面白くなくなったような気がする。
いや、面白いんだろう。他の人にとっては面白いのかもしれない、いい文章なのかもしれない。
しかし、この違和感。そうか。エンターテイメント性が以前ほど感じられないんだ。「魅せる」文章でなくなった。きっとそれだ。

しかし、これは一個人が感じたものであって、他人はどう感じたか知らない。きっと違う感じ方をした人も多数いることだろうと思う。
だから、これを読んだ人はさらりと受け流して欲しい。それを望む。

posted by 華音 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おもう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

解読不可能の思考回路

雨の日は好きだ。
好きだけど、ただただぼんやりと窓の外を眺めたり、雨音を子守唄にまるまって寝ていたい気持ちでいっぱいになる。
日常の何もかもが煩わしく、あなたとのメールさえも億劫になる。
なんて言ったら、あなたは傷付くかもしれないけど。
あたしは我侭だから、で済ます事のできる傲慢さ。
束縛されたいのに、束縛を嫌う。
自分でもどうにもできないコントロールを受け付けない心の奥に巣食う何か。
それは、獲物を狙って唸り声をあげる獣か。心に巻き付き自由を奪う漆黒の蔓か。
雨の日は、思考さえもさ迷うようだ。
posted by 華音 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

特別な存在

未練、ではない。
ただ、友人としてでも特別な存在でありたかった。
何度も出逢って分かれ手を繰り返した二人だから、他の人とは違うんだと自分では思っていた。
あなたは違うのか。そうは思ってくれなかったのか。
今までの態度で、あなたにとって特別な存在だと確信していたのに、それなのにその素っ気無い返事はなんだ。
思わず脱力してしまった。
他の人と同じ様に、いや、それ以下であるかのような突き放した味気ない心のない返事。
あまりの事に愕然とした。

でも、気付いたよ。
その場でのあなたになれないくらいあなたは疲れているのだと。
だからきっと、素っ気無い返事をしても大丈夫な人間に、少しぶっきらぼうに信号を出していたんだね。

バカだねあなたは。
前にも言っただろう?
何かあったら電話していい、と。
どうせ、夜中に電話できる人間は一人しか思いつかないんだろう?
電話できないのならメールでもいい。
いくらでも話は聞くよ。
聞くだけしか出来ないけどね。


ああ。
「聞くだけしか出来ないけどね」は、かつて言ってくれた人がいたな。
それだけで救われたものだ。
懐かしいな…。


posted by 華音 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

取り憑かれてます

new-band.jpg

エコクラフトに。

本日も紙バンド買ってまいりました。
アホです、はい。
一体どれだけ作れば気が済むんでしょう。
こうなれば、とことんエコクラフトを極めましょうか。

そんな訳で(どんな訳だ)大きなバッグに挑戦です。

posted by 華音 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | えこくらふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。